fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英会話は感覚で適当にやっても上達しない





「英会話は感覚で適当にやっても上達しない」



■英語は感覚だと思ってませんか?

中学・高校では、日本の学校英語教育は、

「これこれこういうものだと覚えましょう」

と暗記中心だったり、

「こう言うとこんな感じだよ。こうだとこういう感じだから変でしょ」

というように、適当な感覚に訴える教え方だったりします。


そのためか、「英語は感覚でやるものだ」と思っている人がけっこう少なくないのです。

例えば、TOEICで、

「とにかく聞きまくっていれば、感覚的にわかるようになる」

「とにかく読みまくっていれば、感覚的にわかるようになる」

というように、適当に感覚でどうにかなると思っている人もいますし、特に多いのが英会話。

とにかく感覚だけで突き進む人が多く、むしろ、「考えちゃダメ」と、考えることを意図的に排除する人もいるほどです。


確かに、英語においては、感覚に「頼らざるを得ない」場面は多くあります。

例えば、英会話。

どういっていいのか考えるのだけど、目の前で、あなたの返答を待っているネイティヴがいる。

ずーっとずーっと考えて、黙りこくっているわけにはいかない。

何も言わないよりは、とりあえず何か言わないといけないので、感覚的に、

「えーい、こんな感じだろ!」

と見切り発車せざるを得ない時はよくあります。


また、TOEICもそういう場面はあります。

TOEICは考える時間が短く、いっつまでも考えているよりは、適当に感覚でとりあえず答えを出ししまわなければならない場面が出てきます。

このように、「適当な感覚に頼らざるを得ない」という場面はあります。



■考えられる時は考えるべき

しかし、これは「考えている時間がないから仕方がなく」感覚に頼っているのです。

時間があるのなら、考えた方がずーっといいのです。

例えば、TOEIC。

仮に制限時間が今の2倍になったらどうでしょう?

2倍あっても、適当に感覚で突き進みますか?

それよりは、じっくりと考えた方がいいと思いませんか?

例えば、以下の問題、

I went to the restaurant ------ we had dinner at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


時間がないのなら、

「えーと、場所が先行詞のときはwhereのこともあるけど、whichのこともあったなぁ。

えーと、えーと、the restaurant where we had dinner at yesterdayってなんか良さそうじゃない? えーい、Bが答えだ」

と、考えている時間を取れずに、感覚に頼らざるをえないのは仕方がありません。


でも、時間があるのなら、

「えーと、場所が先行詞のときはwhereのこともあるけど、whichのこともあったなぁ。

えーと、えーと、後ろの文を見るんだよなぁ。we had dinner at yesterdayかぁ。

えーと、えーと、at…。atは前置詞で、後ろに名詞がないといけないよなぁ。

それなのにないってことは不完全な文かぁ。えーと、その場合、名詞の関係詞を選ぶんだよなぁ。

名詞の関係詞はwhichだから、Aかなぁ」

と考えた方が良いんです。

その方が、正答率は高いです。


英会話だってそうです。

英会話本番だったら、とりあえず返答しないといけないので、適当な感覚に頼らざるを得ないかもしれませんが、

英会話が終わった後の反省の時間。
(「反省の時間」を取っていますか!? この時間がないと、英会話はいつまでも上達しませんよ!)

「あのとき、とっさにあぁ言ったけど、こう言った方が正しかったよなぁ」

というときは、じっくり考えるべきなのです。

そして、普段の自分自信の英語学習の時間の練習の時だったら、待っている相手はいないのですから、じっくり考えるべきです。


感覚でやるのは、あくまで「時間がないから非常手段」でしかない。

時間があるときは、そりゃ考えた方がいいのです。



■適当に感覚で突き進む恐怖

ところが、どうしても、中学・高校の教え方の影響であったり、

「感覚で適当に言っても通じた」ですとか、「感覚的にやったら問題に正解した」ということもあるものですから、

そうすると、

「あー、感覚でやって良いんだ。考えなくて良いんだ」

と誤解してしまい、感覚だけで突き進んでしまう人もいるのです。

ところが、これがとても危険なのです。


TOEICで言えば、感覚でも簡単な問題は解けるかもしれません。でも、むずかしい問題は感覚ではどうにもなりません。

リスニングの方は、音声の内容を大体聞ければ解ける内容が多いので、伸びていくことが多いですが、

リーディングの方は、きっちり厳密に求められる問題が多い。

そのため、

「リスニングセクションは伸びても、リーディングセクションが伸びない」

という現象が起きて、

「リスニング 350点  リーディング 250点」

みたいに、どんどんバランスが崩れていく。

そして、さすがにリスニングセクションもそのうち限界に当たり、TOEICのスコアが伸びなくなってしまう。


英会話も、感覚的にやっても通じると、それが快感なのか、考えずに、とにかく感覚で突き進もうとします。

でも、

「通じている=正しい」

ではないんですね。

実は、間違っている英語でも、ネイティヴの方が、

「何となくまぁ意味がわかるから、指摘しないでいいか」

とスルーしているだけで、実は違和感を持たれていることが多いのです。


例えば、「このバッグは小さすぎて、この本が入りません」を、

This bag is too small to put this book.

と言ってしまう日本人はとても多い。

そして、この間違った英語でも、ほとんどのネイティヴには意味が通じるので、ほとんどのネイティヴは、

「変なの。まぁでも意味はわかるか」

とスルーします。


でも、正しくは、

This bag is too small to put this book in.

と、inが必要なんですね。


この例はあくまで一例です。

感覚だけで英会話を突き進むと、

「まぁ、大体あってて、まぁ一応意味は通じる。ただ、間違っていて違和感がある」

という英会話がどんどん身に付いていってしまいます。


そして、考えることがないですから、修正しない。

そして、仮に「それは間違いだよ。こうしないと」と指摘されても、「なぜ間違いなのか?」「なぜこうすると正しいのか?」がまったく理解できない。

今まで考えてないですからね。

例えば、

This bag is too small to put this book in.

でinが必要と言われてもわからない。

だから、

「This bag is too small to put this book.は間違いで、This bag is too small to put this book in.は正しいと覚えておく」

と付け焼き刃の丸暗記になる。


ところが、まったく理解していないので、応用が利かず、

×He was too angry to talk.
○He was too angry to talk to.
「彼はあまりに怒っていたので、話しかけられなかった」

×This pool is too dangerous for small children to swim.
○This pool is too dangerous for small children to swim in.
「このプールは小さな子どもが泳ぐには危険過ぎる」

みたいに、普段から考えて英語を学んでいる人から見れば「同じ間違い」を繰り返す。

でも、考えてないから、同じ間違いだともわからず、また1つ1つ丸暗記するだけ。


これでは全然英会話が上達しない。

日本語で言えば、いつまでも、

×「私は醤油を取ってください」
○「私に醤油を取ってください」

×「私はおどろかしましたね」
○「私はおどろきましたね」

×「私を転倒しましたよ」
○「私は転倒しましたよ」

みたいに、変な英語をずーっとしゃべり続け、

ネイティヴから、

「まぁ、意味がわかるっちゃわかるけど、変な英語だなぁ、この人」

と思われ続ける英語になってしまいます。


確かに英語は感覚に頼らざるをえない場面があります。

でも、それは「時間がないから仕方がなく」なのです。

「時間が取れる自分自身の英語学習の時間」など、考えられる時間は、そりゃ考えた方が良いのです。

いつまでも感覚だけで突き進むと、壁にぶつかってしまう怖さがあります。


そうではなく、TOEICにせよ、英会話にせよ、しっかりと、「論理的に考える英語学習」をする必要があります。

そうすれば、「感覚だけで突き進んで壁にぶつかる」ということはなくなってきますよ。


以上が今回のお話になります。

論理的に考えて英語学習し、英会話やライティング等の実用英語ができる
ようなりたい方、「TOEICと英会話」など複数目標がある方には、

「英会話のための英文法 G4C」

がお役に立てれば幸いです。


英文法の中で、「英会話に必要な部分」だけを「狭く」学ぶ反面、必要な部分は、「知識だけでなく使い方も」、そして、「実際に英文を作る練習をする」という形で、「深く」学んでいただきます。


メール配信なので、習慣化できますし、PDFファイルをお渡しするので、それよりも速いペースでやることもできます。

ネイティヴの音声つきですし、分からないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。


「英語学習の目的は英会話!」という方のためにお役に立てれば幸いです。

英会話に必要な英文法を理解し、そして、その「使い方」まで濃く学び、実際に英文を作る練習をして、英会話上達を目指しましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英会話のための英文法 G4C」

※:英会話より、TOEIC対策重視の方は↓の講座がオススメです。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!













(オンライン含む)英会話レッスンで効果を出すための準備
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_19.html
「(オンライン含む)英会話レッスンで効果を出すための準備」 ■なぜ鈴木さんは英語がしゃべれるんですか? ある先日のことですが、不意に、 「なぜ鈴木さんは英語がしゃべれるんですか?」 と聞かれました。 ...

英語を話すときの文法は全体(全部)は不要
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_20.html
「英語を話すときの文法は全体(全部)は不要」 ■英会話には英文法は必要ですが… メルマガでよくお話させていただいている点なので、ご存知の方も多いかと思いますが、英会話に、文法は必要です。 「英会話と言...

英語ペラペラ、英会話で勉強方法のコツは「独学で努力」と「独学で英文法」
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_21.html
「英語ペラペラ、英会話で勉強方法のコツは"独学で努力"と"独学で英文法"」 ■英会話で大切なこと2つ 私は今までに年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ております。 その中で、「英語...

TOEICと英会話の相関・違いは? 両立する方法
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/toeic_1.html
「TOEICと英会話の相関・違いは? 両立する方法」 ■同じ英語なのでもちろん相関はありますが… 「TOEIC」と「英会話」。 この2つは、英語学習の動機としては1位と2位を占めます。 (1位がTOE...

正しい英語を話す、英会話の正しい文法で自然で正しい英語を
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_22.html
「正しい英語を話す、英会話の正しい文法で自然で正しい英語を」 ■ネイティヴ英会話講師の意見 私は仕事柄、ネイティヴ講師と話をする機会があります。 そこで、以前、ネイティヴから見た意見を聞こうと、ネイテ...

英作文で英会話練習が上達の効果アリでおすすめ・教材
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_23.html
「英作文で英会話練習が上達の効果アリでおすすめ・教材」 ■英会話とライティング(英作文)のイメージ 皆さんは、 「英会話」 と 「ライティング(英作文)」 に関して、どういうイメージをお持ちでしょうか...

英会話に積極性・間違いを恐れない積極的な姿勢は必要だけど…
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_24.html
「英会話に積極性・間違いを恐れない積極的な姿勢は必要だけど…」 ■意味が通じるからOK? 日本人は一般的に英会話が苦手とされている人もいます。 そして、よく、 「ちょっと間違っていたって意味が通じるん...

英語を楽な方法、得意なことばかりで、苦手な英文法から逃げない!
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/05/post_25.html
「英語を楽な方法、得意なことばかりで、苦手な英文法から逃げない!」 ■英語が楽な方法でできるようになる? 英語って楽な方法でできるようになるのでしょうか? 「楽して英語ができるようになろうとする人」は...

夏休み、年末年始、ゴールデンウィークの英語勉強
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_26.html
「夏休み、年末年始、ゴールデンウィークの英語勉強」 ■夏休み、年末年始、ゴールデンウィークの英語勉強 夏休み、年末年始、ゴールデンウィークというのは英語学習にとって大切な時期です。 「英語学習にとても...

英語 大人は子どものように身に付かない、できない理由
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_27.html
「英語 大人は子どものように身に付かない、できない理由」 ■「子どもは文法などやっていない」とは言うけど 英語学習の方法論となると、いつも出て来るのが、 「子どもを見てみろ!  文法なんか学ばないでも...

英会話スクールが効果がない、意味がない理由
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_28.html
「英会話スクールが効果がない、意味がない理由」 ■ほかの目標も努力ですが、英会話は特に… 英語学習は何をするにしたって努力が必要です。 TOEICで良いスコアを取るのにも努力が必要ですし、英検に合格す...

英会話上達は正しい文法勉強法+繰り返し練習
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_29.html
「英会話上達は正しい文法勉強法+繰り返し練習」 ■英会話に英文法は必要です! メルマガではたびたびお話させていただく話ですが、英会話には英文法は必ず必要です。 英会話スクールの広告の楽しそうな雰囲気と...

英会話、TOEIC、リーディングの目標別勉強法
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/toeic_2.html
「英会話、TOEIC、リーディングの目標別勉強法」 ■初心者の場合、目標は関係ないですが… よくメルマガでお話させていただきますが、初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を...

TOEICスコアと英会話相関がない、一致しない
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/toeic_3.html
「TOEICスコアと英会話相関がない、一致しない」 ■スコアと一致しない! 「受験英語」に関しましては、よく、 「受験英語ができるようになっても、英語がしゃべれるようにならない」 と批判されるので、受...

おすすめの英語勉強法は英文法です
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_30.html
「おすすめの英語勉強法は英文法です」 ■英語学習にはいろいろな分野がありますが 一口に「英語勉強法」と言っても、いろいろな分野があります。 語彙(単語・熟語) リスニング 英文法 ・ ・ ・ 目標にも...

TOEICと英会話は別物。両方できる方法は
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/toeic_4.html
「TOEICと英会話は別物。両方できる方法は」 ■同じ英語学習ですが… TOEICと英会話。 この2つは、英語学習の目標としては1位と2位です。 この2つのどちらかを目標として英語学習している人はとて...

英会話は感覚で適当にやっても上達しない
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_31.html
「英会話は感覚で適当にやっても上達しない」 ■英語は感覚だと思ってませんか? 中学・高校では、日本の学校英語教育は、 「これこれこういうものだと覚えましょう」 と暗記中心だったり、 「こう言うとこんな...

不要なのは細かい英文法。過去形と現在完了形の細かい違い等
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_32.html
「不要なのは細かい英文法。過去形と現在完了形の細かい違い等」 ■英文法は誤解されている! いつもオススメしている、 「英会話のための英文法 G4C」 は英文法の講座です。 しかし、「英文法」と聞くと、...

高校卒業後は国語が苦手な方が英語が上達する!
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/post_33.html
「高校卒業後は国語が苦手な方が英語が上達する!」 ■中学、高校では国語ができる子が英語ができますが… よく、 「私は国語もできないから、英語ができない」 とか、 「英語以前に、国語の問題だ」 と言う人...

TOEICと英会話の違い・両立・どっち優先?
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/06/toeic_5.html
「TOEICと英会話の違い・両立・どっち優先?」 ■英語学習の動機で圧倒的に1位と2位 私は6年以上にわたって、名以上の方に英語指導をさせていただいてきておりますが、 「英語学習の動機」 としては、T...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る