fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICと英会話の違いと相関。英会話の方が本物の力





「TOEICと英会話の違いと相関。英会話の方が本物の力」



■TOEICなどの試験と、英会話は別物

メルマガではよくお話しさせていただいておりますが、TOEICなどの試験と、英会話は別物なのです。

何が違うかというと、TOEICなどの試験は、「客観的に見る立場」。

野球に例えれば、「評論家」の立場なのです。

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

という英文があります。

Aさんはwhichを入れて言いました。
Bさんはwhereを入れて言いました。
Cさんはwhoseを入れて言いました。
Dさんはwhyを入れて言いました。

さぁ、誰の英語が正しいでしょう?

というように、

「他人の英語を客観的に評価する」

という能力が求められるのです。


そのためには、

「英語にはこういうルールがある(英文法の知識)」

ということを正しく理解していることが大切。


このように、正しい知識は必要なのですが、TOEICなどの試験では、実際に英文を作る必要はない。

実際に、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という英文を作れる必要はない。

こういう英文を実際にいう必要はないのです。


しかし、英会話ではそうはいきません。

他人ではなく、実際に、自分自身が、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という英文を作って、それを言わなければいけない。


野球で言えば、他人のプレーを見るのではなく、自分自身が選手として、プレーをしなければいけないのです。


このように、TOEICなどの試験と、英会話は別物なのです。


評論家の人に、

「じゃあ、自分でプレーしてみて」

と言っても、できないように、英語も同じなのです。


TOEICでいいスコアの人が全員英会話ができるかというと、決してそうではない。

TOEIC 900点でも、英会話用のトレーニングをしていない人だと、全然英語が話せない人は珍しくないです。

「英会話」についてだけ言えば、

「TOEIC 900点で、全然英会話やっていない人」

より、

「TOEIC 650点で、バリバリ英会話を鍛えている人」

の方が英会話ができるというのは、何も珍しい話ではないのです。



■英会話の方が万能性が高い

このように、別物であるため、

TOEICなどの試験は、それ用に、英会話は、それ用に、別途鍛える必要があります。


とは言え、両方を目標にしている人もいると思います。

つまり、

「英会話できるようになりたいけど、TOEICでもいい点を取りたい」

「TOEICでいい点を取りたいけど、英会話もできるようになりたいんです!」

というような場合ですね。


この場合、両方をやらなければならず、いわば、大谷選手のように「二刀流」が要求されます。

ただ、この場合、メインは「英会話」にしておいた方が、いろいろと融通が利き、万能性が高いのです。


というのは、英会話の方が難易度が高いからです。

先ほどの例で言えば、

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

という穴埋め問題を解くことと、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という英文を自分で組み立てて、それを言うこと。


この2つを比較した場合、後者の方がむずかしいのです。

穴埋め問題を解くだけなら、「英語にはこういうルールがある(英文法の知識)」という知識だけで、正しく解けます。


さらに言うと、選択問題であることから、正しい知識がない人でも、

「なーんとなく」といういい加減な感覚や、

「このパターンの問題はこれが答えになる」という、付け焼き刃の暗記でも解けてしまうことがあります。


しかし、英会話となるとそうはいかない。

まずそもそも、正しい知識がなければ、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という正しい英文はできない。


選択問題ではないのですから、「なんとなく」という適当な感覚でまぐれ当たり、ということはない。

英会話では何を言うのかわからないですから、解法パターンの暗記というのもあり得ない。


つまり、本物の知識がなければ、できないことなのです。

ここまでの本物の知識があれば、TOEICなどの試験でも力を発揮できます。

だからこそ、英会話の方をやっておいた方が、「二刀流」に対応しやすいんですね。


もちろん、英会話は、知識があるだけでなく、実際に英文を作れる能力も必要ですから、

知識にプラスして、

「英文法の知識をどう使えば、英文が作れるか」

という応用も必要だし、

実際にその知識を使って、英文を作っていく実践練習も必要。


それだけ求められるレベルが高い。

だから、英会話にあわせておいた方が、TOEICなどの試験と英会話の両方に対応しやすいのです。



■両方に対応するには英会話用に!

上記のように、両方を目標とする方は、ぜひ英会話の方をやってみてください。

英会話をやれば、当然ながら、英会話の力がつきますし、

上記のように、TOEICなどの試験でも、力を発揮できるようになります。


ただ、1点だけ、

「英会話は通じればいいや!」

はダメですよ。


例えば、先ほどの例文、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

を、

I went to the restaurant where we had lunch at yesterday.

としても、まぁ通じると言えば通じます。


でも、間違っている英語なのです。

聞いているネイティヴは、

「まぁ、意味はわかるけど、変な英語だなぁ‥」

と違和感を持ちますし、


試験で、

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

のBを選んだら間違いで、点数はもらえません。


「英会話は間違ってたって通じりゃいいや!」

という姿勢だと、二刀流はできません。

たとえ変な英語でも英会話では一応意味は通じるかもしれませんが、TOEICなどの試験ではまったく役に立ちません。


これを目指すために、英会話に必要な英文法を学び、そして、「どう使えば良いか」まで知り、実際に英文を作る練習をしたい方は、

「英会話のための英文法 G4C」

がお役に立てれば幸いです。


英文法の中で、「英会話に必要な部分」だけを「狭く」学ぶ反面、必要な部分は、「知識だけでなく使い方も」、そして、「実際に英文を作る練習をする」という形で、「深く」学んでいただきます。


メール配信なので、習慣化できますし、PDFファイルをお渡しするので、それよりも速いペースでやることもできます。

ネイティヴの音声つきですし、分からないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。


「英語学習の目的は英会話!」という方のためにお役に立てれば幸いです。

英会話に必要な英文法を理解し、そして、その「使い方」まで濃く学び、実際に英文を作る練習をして、英会話上達を目指しましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英会話のための英文法 G4C」

※:英会話より、TOEIC対策重視の方は↓の講座がオススメです。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!













英会話に文法は必要かは人によって基準違う
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/07/post_34.html
「英会話に文法は必要かは人によって基準違う」 ■英会話に英文法は必要か? 私は年以上にわたって、名以上の方に英語指導をさせていただいてきておりますが、 「英会話に英文法は必要」 「いや、英会話に英文法...

英語学習のやり方は自分で決める人が英語上達する
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/07/post_35.html
「英語学習のやり方は自分で決める人が英語上達する」 ■会社との違い 多くの方は、企業、役所、事務所などでお務めだと思います。 上司の方、部下の方たち、同僚の方たち。こういった「チーム」として働いている...

TOEICと英会話の違い。選手と評論家ぐらい違う
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/09/toeic_6.html
「TOEICと英会話の違い。選手と評論家ぐらい違う」 ■英語学習の2大目標 私は年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきておりますが、 「英語学習する理由」 としては、 「TOEIC」...

TOEICと英会話の違いと相関。英会話の方が本物の力
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/09/toeic_7.html
「TOEICと英会話の違いと相関。英会話の方が本物の力」 ■TOEICなどの試験と、英会話は別物 メルマガではよくお話しさせていただいておりますが、TOEICなどの試験と、英会話は別物なのです。 何が...

英語が苦手だった人、私がやったこと
https://www.eikaiwa-school.net/g4c/archives/2018/10/post_36.html
今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語が苦手だった人、私がやったこと」というお話をいたします。 ■よく...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る